雑貨と紅茶とワークショップを愉しむお店です。

スタジオM

| 0件のコメント

こんにちは^^

昨日は定休日だったので、愛知県瀬戸市にあるスタジオMの会社「マルミツポテリ」の展示会に行ってきました。

展示会というより、勉強会かな~。

初めて行くのでワクワクしました。

名神高速の長久手というインターで降りてからは近かったです。イケアあるんですね。行きたい気持ちを抑えて、横目で通り過ぎました。愛知県立大学もあり環境はすごく良かったです。

シンプルでオシャレな建物だったのですぐ分かりました。会社のトラックなんかもメチャ可愛かったです。

まず、最初に模型や地図を用いて、瀬戸の器の歴史から始まりました。スタッフの人がおもしろ可笑しく話してくれたので笑いが絶えなかったです。

それから2階の社員食堂とやらに行きまして、お食事かな?と思ったら、テーブルことにテーマを決めてセッティングしてありました。ウエディングを想定して、和モダン、リゾートなど・・・あとひとつ忘れましたが、フレンチックの感じでした。

私はこのリゾートの場所が決められてて、白と青のイメージがめちゃ気に入りました。

食べるご飯は炊飯器ではなく、ご飯鍋でその場で炊きました。コーン、レモン、バターを入れて沸騰したら、リネンの生地でハチマキを巻くように巻いて、その後11分ほど蒸します。

炊きあがったら、最後に日本酒を入れて混ぜるだけ。バターの風味とフッと香るレモンの爽やかさがとっても美味しかったです。簡単ですし試してみてくださいね。

あと、写真を撮り忘れたのですが、ご飯鍋より少し大きめの土鍋で、ポークの塊を焼きました。4面を焼いて焦げ目を付けたら後は弱火でじっくりと火を通します。最後に塩コショウで味を調えて終わり。簡単ですね。

蒸した感じなので、ジューシーで柔らかくなっていました。うちでもやってみよっと( ´艸`)

次はエプロンのファッションショー💗

次々と社員さんが出てきて、楽しめました。動画は撮りましたが、メモリーが増えすぎたので削除してしまった(;’∀’)

なので、次いきます。次は、フランスのテーブルコーディネートを教えてもらいました。社員にフランスの方がいたので、その人がフランスな感じのお部屋がセットしてあるところで、私たちの知らないことをいろいろと教えてくださいました。

こんなお部屋大好き♡

フランスの田舎のイメージかな。アンティークな感じが落ち着きます。

普通の家庭でもコースと言われる出し方だそうです。前菜から始まってメインになっていく。パンが好きだからテーブルに切らさないように次々出すんですって。

画像で見て気づくかもしれませんが、フォークとスプーンは普通上を向けて置きますが、フランスの家庭の一般的な置き方は、裏を向けて(うつぶせ)置くそうです。初めて知りました。画像で分かりますか?

キッチンのイメージ画像。手描きいいですね~こういうの大好きです。

いかにもフレンチな感じです。

 

そうそう、忘れてました💦

スクリーンで世界の有名なレストランの紹介がありました。どの店もコンセプトがしっかりしていて、食べるだけでなく、何かが体験できるお店ばかりでした。味はもちろんいいと思いますが、忘れられない何か・・・を体験できるお店ばっかりでした。かなり刺激を受けました。それが個性なんですよね。

こんな明るくて広々してる会社いいですね。シンプルでモダンです。

最後に、お皿のデザインを決めていくという過程を経験できました。やっぱりそれもテーマをまず決めてからアイデアを出していくというやり方です。いろんな言葉を出していくうちにそれをデザイナーさんが絵にしていくといった体験でした。すごく勉強になりました。

スタジオMで有名になったマルミツポテリですが、お皿を売るだけでなく、料理を作ったり、体験をしてもらうということで人気があるのだと思います。

どの食器も食べ物を引き立て、使いやすいですよ。職人さんや作り出した人の思いが込められた逸品ですからね。お邪魔して更にその思いが伝わりました。

いつかうちでも料理やテーブルコーディネートを体験してもらえるようになりたいです。その時はぜひ来てくださいね。

コメントを残す

必須欄は * がついています